人気ブログランキング |
人気blogランキングに参加してます。
もしお気に召して頂けたら、
コチッとお願いいたします。
励みになります。



<   2012年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧
人気blogランキングに参加してます。
もしお気に召して頂けたら、
コチッとお願いいたします。
励みになります。



高柳荻の島の棚田
 荻の島は1ヶ月前に来たばかりですが、また来てしまいました。

ここは何時来てもいいですね。



b0010915_1016265.jpg







More
by hermes_sawa1 | 2012-07-28 19:13 | 棚  田 | Trackback | Comments(2)
人気blogランキングに参加してます。
もしお気に召して頂けたら、
コチッとお願いいたします。
励みになります。



松代の棚田
 大島地区から松代へ移動した。日があけてから大分時間がたつがまだ、霧が
晴れない。





b0010915_10105164.jpg








More
by hermes_sawa1 | 2012-07-27 19:08 | 棚  田 | Trackback | Comments(0)
人気blogランキングに参加してます。
もしお気に召して頂けたら、
コチッとお願いいたします。
励みになります。



朝霧の棚田
 今日から、29日まで外出です。その間、ブログの行進は予約配信で行いますので
よろしくお願いいたします。
 新潟、十日町市松之山の東隣の大島地区。ここは過去にあまり行ってなかったので
今回の旅行でよってみた。



b0010915_1044465.jpg






More
by hermes_sawa1 | 2012-07-26 19:02 | 棚  田 | Trackback | Comments(2)
人気blogランキングに参加してます。
もしお気に召して頂けたら、
コチッとお願いいたします。
励みになります。



鬼無里の棚田
 白馬村の青鬼集落から鬼無里へ向った。鬼無里から戸隠へ行って
蕎麦でも食おうと思ったからそういうルートになった。
 雨は相変わらず降り続いていて止む気配は無い。鬼無里へ差し掛かる
と小規模の棚田が現れ始めた。適当なところで写真を撮りながら戸隠方面
へと車を走らせた。
 鬼無里の棚田もなかなか良かった。今日はその鬼無里で撮った棚田の
写真をアップします。



b0010915_21475823.jpg
撮影データ>
※RAWより現像(SILKYPIX Developer Studio Professional使用)
レタッチ Photo Shop CS4
機種,Canon EOS 7D
露出時間(秒),1/100
F値,8
露出プログラム,絞り優先AE
ISO感度,100
露出補正量(EV),-1.33
測光方式,分割測光
焦点距離(mm),17.0
使用レンズ、CANON EF-S17-85mm F4-5.6 IS USM







More
by hermes_sawa1 | 2012-07-25 21:52 | 棚  田 | Trackback | Comments(1)
人気blogランキングに参加してます。
もしお気に召して頂けたら、
コチッとお願いいたします。
励みになります。



青鬼集落
 穂高の道の駅「アルプス安曇野ほりがねの里」の駐車場で一夜を過ごした
が翌朝12日は朝からしっかり雨が降っていた。
 雨でなければ安曇野のわさび農園でも行ってみようかと思っていたのだが、
中止して白馬まで行くことにした。目が覚めたのが早朝の4時半と早かった
ので白馬に着いたのは6時前。雨が降っているが撮影に良さそうなところ
は?としばし考えた後、青鬼集落の棚田に向った。
 青鬼集落へは信濃森上から細い山道を登ってゆく。7時少し前に集落の
駐車場に着く。雨は相変わらず降っている。でもそんなに激しい雨ではない。
少しもやが出ていて撮影には好都合だ。
 平日の木曜日の朝でしかも雨だから当然、撮影のカメラマンは自分だけ。
静かに雨の降る村の中をゆっくりと歩いて登っていった。少し行けば、そこから
棚田が始まる。
 晴れていれば棚田から集落をみればその向こうに白馬連山が見えるはず
ですが、この日は全て濃いガスに覆われて何も見えなかった。
 でも雨に煙る棚田はなんともしっとりして気持ちいい。しばらく撮影と散歩
を楽しんだ後、青鬼を後にした。
※「当地に伝わるお善鬼様伝説
青鬼集落は白馬村の北東端の岩手山の山腹に位置する農村集落で、この
岩手山の東には戸隠村、鬼無里村があります。
鬼の居ない鬼無里村に鬼のような大男がやってきて村人たちを苦していたため、
村人はこの大男を岩手山の底なし穴に閉じ込めたそうです。その後一人の
旅人が村に来て戸隠に鬼のような大男が来て村人を助けて喜ばれていると
伝えたことから、穴を通じ戸隠の下を通ったときに魂が入れ替わったのだろうと
思い、この鬼のような大男をお善鬼様としてあがめる様になったとのこと。
 青鬼集落にはこのお善鬼様を祀る神社があります。しかし青鬼集落と
お善鬼様との関係もハッキリしたことは分っておりません。
ただ集落の名前は、近くに流れる青鬼沢の水を使い生活していることから
このように呼ばれるようになったのではないでしょうか。
青鬼はここでは「あおおに」とは呼ばれず、「あおに」としています。昔から
そう呼ばれていた地名などは後から漢字を当てていますので鬼の意味が
含まれていたか疑問です。しかし太古からお善鬼様が祀られた神社を中心に
素朴な生活が延々と続けられてきた民話と伝説の里、雪深き青鬼の古里は
そっとしておきたいものです。」
・・・http://homepage3.nifty.com/yatu/culturetrip/5topics09-04.htmより。




霧に煙る青鬼集落


b0010915_2248508.jpg
撮影データ>
※RAWより現像(SILKYPIX Developer Studio Professional使用)
レタッチ Photo Shop CS4
機種,Canon EOS 40D
露出時間(秒),1/1000
F値,4
露出プログラム,絞り優先AE
ISO感度,1000
露出補正量(EV),-1.67
測光方式,分割測光
焦点距離(mm),70.0
使用レンズ、CANON EF70-200mm F4L IS USM








More
by hermes_sawa1 | 2012-07-24 23:08 | 棚  田 | Trackback | Comments(2)
人気blogランキングに参加してます。
もしお気に召して頂けたら、
コチッとお願いいたします。
励みになります。



美ヶ原
 車山を後にして美ヶ原経由で穂高へ向うことにして、とりあえず美ヶ原
に寄ってみた。
 美ヶ原に着いたのは午後2時頃でしたが、それまで晴れていた空には
雨雲が掛かり始めてきていた。一瞬雨が降っても王ヶ塔まで歩いて往復
使用と思ったが、雲の様子から雷の可能性もありそうでしたので取りやめ
た。
 とりあえず合羽をザックに入れてから美しの塔あたりまで行ってみること
にして歩き始めた。雲の動くが激しい。たまにぱらぱらっと降ってくる。
美しの塔まで行って何枚か撮ってるうちに空一面灰色の雲に覆われて
きたので、あわてて駐車場まで戻った。



はるか王ヶ塔


b0010915_22345044.jpg
撮影データ>
※RAWより現像(SILKYPIX Developer Studio Professional使用)
レタッチ Photo Shop CS4
機種,Canon EOS 7D
露出時間(秒),1/320
F値,8
露出プログラム,絞り優先AE
ISO感度,100
露出補正量(EV),-0.33
測光方式,分割測光
焦点距離(mm),73.0
使用レンズ、CANON EF70-200mm F4L IS USM






More
by hermes_sawa1 | 2012-07-23 22:43 | その他 | Trackback | Comments(0)
人気blogランキングに参加してます。
もしお気に召して頂けたら、
コチッとお願いいたします。
励みになります。



車山からの眺望
 ホテルをチェックアウトする前に八島湿原に行ったのでチェックアウトするため、
車山に戻った。チェrックアウトまで1時間ほど時間が合ったので急いでリフトを
使って車山の山頂へ向った。
 車山の山頂に着いて周囲を見渡すと360度全て視界が開けていた!北アルプス
から木曽の飛騨山脈、中央アルプス、南アルプス、八ヶ岳と主だった山脈が全て
見渡せた。更に、八ヶ岳のなだらかな斜面の向こうに薄っすらと富士山も見えていた。
この日は九州が豪雨に襲われていた頃でした。霧が峰、車山一帯も予報では雨
だったのが晴れで、本当に幸運でした。



薄っすらと富士山



b0010915_210229.jpg
撮影データ>
※RAWより現像(SILKYPIX Developer Studio Professional使用)
レタッチ Photo Shop CS4
機種,Canon EOS 40D
露出時間(秒),1/8000
F値,4
露出プログラム,絞り優先AE
ISO感度,200
露出補正量(EV),-0.67
測光方式,分割測光
焦点距離(mm),200.0
使用レンズ、CANON EF70-200mm F4L IS USM







More
by hermes_sawa1 | 2012-07-22 21:06 | その他 | Trackback | Comments(0)
人気blogランキングに参加してます。
もしお気に召して頂けたら、
コチッとお願いいたします。
励みになります。



八島湿原(2)
 八島湿原のつづきです。八島湿原には次のような伝説があるそうです。
「八島ヶ原湿原の伝説

八島ヶ原湿原の北すみに現在も鏡のような美しい小さな池があります。むかしこの湿原の西の東俣に杜若(カキツバタ)というそれは美しい少女が住んでいました。また、池のはるか南側の尾根に山彦というこれもりりしい若者が住んでいました。
ある日二人はそれぞれ池へ散歩に出かけた時のこと、それまでたち込めていた霧が一瞬晴れわたりました。少女は若者のたくましい姿に、若者は少女の天女のような美しさに惹かれ、一目で互いに好きになってしまいました。
しかし二人ともまだ自分の本当の姿を見たことがありません。そこで、まず山彦が池に姿を映してみることにしました。と、その時突然車山の方から風が吹き、さざなみがたちました。水面にはゆがんで鬼のように恐ろしく醜い山彦の姿が映し出されました。今度は杜若が水面をのぞくと風もなく、美しい姿が浮かび、思わず自分で見とれてしまいました。がっかりした山彦は車山の陰の谷に隠れて、二度とと出てきませんでした。一方少女は美しい自分の姿に見とれている内、そのまま池のほとりの紫の花、カキツバタになってしまいました。池のほとりで谷の方をむいて「オーイ」と呼ぶと山彦が「オーイ」と返事はしますが相変わらず姿は隠したままです。小さな池は「鬼ガ泉水」と言って、今でもきれいな水をたたえています。」八島ヶ原湿原より引用。






ウラギンヒョウモン


b0010915_21435672.jpg
撮影データ>
※RAWより現像(SILKYPIX Developer Studio Professional使用)
レタッチ Photo Shop CS4
機種,Canon EOS 40D
露出時間(秒),1/800
F値,4
露出プログラム,絞り優先AE
ISO感度,200
露出補正量(EV),-0.67
測光方式,分割測光
焦点距離(mm),200.0
使用レンズ、CANON EF70-200mm F4L IS USM + エクステンションチューブ






More
by hermes_sawa1 | 2012-07-21 21:49 | その他 | Trackback | Comments(0)
人気blogランキングに参加してます。
もしお気に召して頂けたら、
コチッとお願いいたします。
励みになります。



八島湿原
 さて、望外の天気(天気予報では曇りだった。)に気をよくして、八島湿原へ
行って見ることにした。
 昔、若い頃に下諏訪に2年ほど生活したことがあった。その頃は毎夏、休日には
暑くなると霧が峰まで涼を取るために登ってきたのを思い出しました。八島湿原は
なぜか興味も無くて行かずじまいでした。
 八島湿原はちょっと変わった湿原で、枯れたあとの植物は腐らずに泥炭化して
積もっている。湿原の歴史は1万2千年という。この長い年月に積もった泥炭の厚み
は何と8mを越えるという。ここは国の天然記念物に指定されている。
 訪れた日は平日で夏休み前という事で、湿原を訪れる人も少なく、貸しきり状態で
のんびり湿原を木道の上を一周歩いた。


駐車場から少し歩くと目の前にいきなり八島湿原が現れた



b0010915_2234886.jpg
撮影データ>
※RAWより現像(SILKYPIX Developer Studio Professional使用)
レタッチ Photo Shop CS4
機種,Canon EOS 7D
露出時間(秒),1/100
F値,8
露出プログラム,絞り優先AE
ISO感度,100
露出補正量(EV),-0.67
測光方式,分割測光
焦点距離(mm),10.0
使用レンズ、CANON EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM







More
by hermes_sawa1 | 2012-07-20 22:13 | その他 | Trackback | Comments(0)
人気blogランキングに参加してます。
もしお気に召して頂けたら、
コチッとお願いいたします。
励みになります。



車山高原
 7月10日は駒ヶ根市の千畳敷カールへ昇り、そのあと麓の光前寺で
時間をつぶした。昼食は久しぶりの駒ヶ根名物のソースカツ丼を食べた。
 夕方、駒ヶ根から車山まで移動。宿泊はスカイパークホテル、格安で
宿泊できたのでめずらしく高原のホテルなんぞへ泊まった。夏休み直前で
宿泊客は少なくホテルは閑散としていた。
 翌朝、外は濃いガスに包まれ、視界は数mと何にも見えない状態でした。
しかし、霧の朝は晴れの格言どおり、遅い朝食を済ませて外へ出るとそれまで
の濃いガスは晴れて青空が見え始めていた。11日は今回の旅行で最高の
天気となりました。


雲のオブジェ



b0010915_2250199.jpg
撮影データ>
※RAWより現像(SILKYPIX Developer Studio Professional使用)
レタッチ Photo Shop CS4
機種,Canon EOS 7D
露出時間(秒),1/1250
F値,8
露出プログラム,絞り優先AE
ISO感度,100
露出補正量(EV),-0.33
測光方式,分割測光
焦点距離(mm),17.0
使用レンズ、CANON EF-S17-85mm F4-5.6 IS USM







More
by hermes_sawa1 | 2012-07-19 23:17 | その他 | Trackback | Comments(0)